不動産売却における契約解除について

お問い合わせ 【No.51】

■問い合わせ内容

自分の持っている家を売る契約をしましたが、その契約金額よりも高く買うという別人の人が現れました。

契約を解除することができますか?

以上

問い合わせ内容

自分の持っている家を売る契約をしましたが、その契約金額よりも高く買うという別人の人が現れました。

契約を解除することができますか?

以上


公開日時 : 2017年04月14日
カテゴリー : 不動産売買契約に関すること

回答 No.51】

契約の解除に関してご説明致します。

契約の解除に関しては、その契約条件にも依りますが可能だと思います。

但し、無傷での契約解除は厳しいでしょう。

契約行為そのものは双務契約となっている為、売主・買主が双方合意すれば解約もスムーズに

進みますが、合意が得られない場合には揉める事も考えられます。

一度締結した契約を解除するには、一般的にその契約書に記載されている解約条件をクリアしなければならないと思います。

契約書には揉めた場合の処置も記載されていますので、ご確認下さい。

契約行為とは法律行為です。それを解約するにはやはり法律行為が必要となります。

上記の解約条件とは「手付解約」と「違約解約」という法律行為を指す事と考えて下さい。

そして、この解約行為を実行する場合には、ペナルティーが発生致します。

1.手付解約の場合は手付金がペナルティーとなる解約です。
  ペナルティーの金額は手付金です。
  売主から解約を申し出ると手付金の倍額を買主に支払わなければなりません。

2.違約解約の場合は違約金がペナルティーとなる解約です。
  ペナルティーの金額は違約金です。
  売主から解約を申し出ると手付金を一旦買主に返却し、更に違約金も買主に支払わなけ
  ればなりません。

本来、一度は売主様も買主様もご承諾頂き締結した契約行為に関して、それを解約するという事は当事者や

関係者に対しても、良い印象は無くあまりお勧めしたくはありません。

また、ペナルティー金額も発生します。バブルの頃は「一晩で○○○万円上がったから解約する」とか聞きましたが、

現在ではそれも考えにくいと思います。

一度、この取引に対して関わっている不動産業社にご相談される事をお勧め致します。


不動産売却における契約解除について関連する最新相談

2017.08.02 物件内容別相談

不動産売買契約後の違約金

回答はこちら
2017.06.26 物件内容別相談

瑕疵担保責任について

回答はこちら
2017.06.21 物件内容別相談

固定資産税、都市計画税の清算について

回答はこちら
2017.06.02 物件内容別相談

契約引渡し前に物件が火災で焼失した場合の責任

回答はこちら
2017.05.26 物件内容別相談

ローン特約停止条件付き契約解除の対応

回答はこちら

みんなの相談内容を見てみる

不動産売却に関するご相談受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須
注意事項
※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。
※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。
※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。

不動産売却の査定依頼はこちら

WEBからの査定依頼

お電話からの査定依頼

03-6681-2718

不動産査定依頼

WEBからの査定依頼

お電話からの査定依頼

03-6681-2718

おすすめのご相談内容

今月の相談 ー PICK UP ー

不動産売却相談 カテゴリー

不動産売却相談百科
Copyright c 2019 不動産売却相談百科 . All rights reserved.