他人物売却

本来不動産売買は本人が売却手続きするものです。例外として、親が痴呆症等になり、本人が売却出来ない場合、親族が代わりに親の所有不動産又は他人の不動産を売却する行為。

又、不動産売却は原則売主の所有権を取得した後でなくては売却できませんが、不動産

実務では他人の所有権の不動産でも取引が行われています。

宅地建物取引業法では、原則認められていませんが、消費者保護のため一定保全措置を講ずれば認めています。

民法では他人物売買は認められていますが、売主、買主の責任により契約解除、損害賠償等の罰則があります。

取引には事前に不動産物件の登記簿謄本の閲覧して、慎重に取引をすすめましょう。

他人物売却に関する最新相談

2017.06.02 他人物売却

共有者が行方不明の不動産売却

回答はこちら
2017.06.02 他人物売却

他人物売買の責任と不動産取引の注意点

回答はこちら
2017.04.17 他人物売却

親の土地と家の売却について

回答はこちら
2017.04.17 他人物売却

高齢になった母親のマンション売却について

回答はこちら
2017.04.12 他人物売却

親族所有不動産売却

回答はこちら
2017.04.12 他人物売却

祖父名義の畑売却は可能ですか?

回答はこちら
2017.04.12 他人物売却

結婚後購入した自宅、売却の可否

回答はこちら
2017.04.12 他人物売却

他人名義の不動産売却の可能性。

回答はこちら
2017.04.10 他人物売却

母名義の土地(田)の売却について

回答はこちら

みんなの相談内容を見てみる

不動産売却に関するご相談受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須
注意事項
※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。
※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。
※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。

不動産売却の査定依頼はこちら

WEBからの査定依頼

お電話からの査定依頼

03-6681-2718

不動産査定依頼

WEBからの査定依頼

お電話からの査定依頼

03-6681-2718

おすすめのご相談内容

今月の相談 ー PICK UP ー

不動産売却相談 カテゴリー

不動産売却相談百科
Copyright c 2017 不動産売却相談百科 . All rights reserved.