不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 他人物売却

結婚後購入した自宅、売却の可否

お問合わせ内容【No.284】

結婚後購入した自宅,

離婚を機に売却したいと思います。名義は私になっています。

妻が売却に反対しています。売却は可能でしょうか。

■回答【No.284】

不動産売却相談室にご相談有難うございます。

相談室担当奥村が回答させていただきます。

婚姻期間に形成された財産は、財産分与の対象になります。

ご自宅も、財産分与の対象になります。

財産分与とは、婚姻中に夫婦で築き上げた財産のこと。

分配方法は、貢献度に応じ分けるとなっていますが、2分の1が原則になります。

今回奥様が自宅の売却を反対されているわけですから、お客様が

勝手に売却は許されません。(民法768条1項)

従って、今回の売却は奥様と話合い上、売却の合意がされた場合、

売却が可能となります。

逆に奥様もご自宅を売却できません。

早急に話合いの合意が得られる事がお互いにとって賢明と思われます。

但し、売却時住宅ローンがあり且つ、売却手取り金額が住宅ローンを下回る場合は

金融機関の承諾がなければ売却出来ません。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

この質問に関するご相談

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。