不動産売却みんなのQ&A

2021.08.10 土地のこと

同じ土地を2つの土地に分筆し、売却することはできるのか?

面積74坪で6mの南面道路に15.8m接道している土地を所有しています。これをほぼ同じ面積の2つの土地に分筆し、売却することを検討しています。分筆されたそれぞれの土地は、もとの土地の半分よりは高い価格で売却でき、その結果2件とも売却できれば、一括で売るより多くの収入が得られると思うのですが、これは正しいでしょうか?ちなみに、坪単価約30万円の地域で、40年ぐらい前に開発された住宅地です。

ご相談いただきました件ですが、
①個人売主は複数の土地を売却することができません。
土地を2つ以上に分けた後、分けた複数の土地をすべて一般市場に売却することはできません。
なぜなら個人が2つ以上の土地を売却する場合、宅地建物取引業法の「業として行う」にあたる可能性があるためです。宅地建物取引業を行うためには、国土交通大臣もしくは都道府県知事の免許が必要です。
つまり、何も知らずに複数の土地を売却すると、“無免許で宅地建物取引業をしている”となってしまう可能性があります。
②本当に分筆してよい土地かどうか複数の不動産会社へきいてみましょう。
土地の売却に限らず、不動産を売却する方法は「一般市場で売却する」「不動産会社に買取を依頼をする」の2つがあります。
一般市場での売却とは、土地を売りたい売主が、不動産会社の仲介により、マイホームを建設するための土地が欲しいといった一般の人へ売却するケースのことです。
一方の不動産会社の買取とは、売主から不動産会社へ土地を直接売却する取引形態のことです。
③分筆前の土地境界が確定しているかを確認します。
土地の分筆は、分筆前の土地の境界が確定しているかどうかをまず確認します。
筆界確認書(境界確認書)という、隣地所有者と共に土地の境界線について合意している書類があれば、確定していると判断できます。
土地を分ける際、周りの土地との境界がはっきりしていれば、分筆のための測量と分筆登記を行います。
境界がはっきりしていない場合は、分筆の測量と登記の前に、隣地との境界を確定させる測量(境界確定測量)を行わなければなりません。

以上、イエステーション函館店にて回答いたしました。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。