不動産売却みんなのQ&A

2022.01.19 その他

買った土地の領収書を紛失した場合について

買った土地の領収書を紛失探してますが。どうしたらよいですか?

紛失していても購入時の土地売買契約書も取得原価の証拠書類としての役割を果たします。その他にも、所有権移転費用などの司法書士が発行する領収書も認めてもらえるケースもあります。
何のために領収書が必要かというと、譲渡所得税の計算のために必要になります。
その際、売却価格から購入価格と取得するのにかかった費用を差し引いて、利益に税率をかけたものを税金として納める必要があるからです。
取得費用の金額を計算するために、その額を証明する領収証等が必要になるということです。
もしこれらの取得費用が不明な場合(領収証や契約書紛失の場合)は、売却代金(=譲渡価額)の5%相当額を取得費として計算することになります。
もっと詳細に具体的な必要書類については、最寄りの税務署にご確認いただればと存じます。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

この質問に関するご相談

関連する質問はまだありません。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6826-8080

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。