不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 住宅ローン

買い換え時固定金利と変動金利どちらを選んだら良いか?

お問合わせ内容【No.271】



買い換えを考えています。固定金利か変動金利どちらを選らべば良いですか?

回答【No.271】

 

ご相談ありがとうございます。

不動産売却相談百科、担当の奥村が回答させていただきます。

 

非常に難しい質問です。

金利が低い時に変動金利を選び金利が上昇すれば損になります。

逆に金利が高い時に変動金利を選び金利が低下すれば得にになります。

固定金利は変動金利の反対です。

どちらが得か損かは、選択時将来金利が上昇する。反対に低下する。と

予測しなければなりません。

金利の予想を正確に当てられる人は、日銀総裁でも総理大臣でも正確に当てられません。

ところが住宅ローンを借りる皆様は、この選択を借りる時点で決めなければなりません。

住宅ローンは期間が長いので選択を誤れば家庭崩壊に繋がります。

それでは、どうすればよいか?

金利を選ぶのでなく、ご自身の生活を大切に選ぶことです。

たとえ金利が上昇しても返済が出来、今の生活を維持できる金利を選ぶ事です。

固定金利は安心して完済まで返済続けられます。又、途中返済も可能です。

では、変動金利を選んで良い人は。

・繰入返済のための預貯金がある人

金利が上昇した時「返済額軽減型」の繰上げ返済する事で毎月の返済金額を

抑えられます。

・収入の割に住宅ローンが少ない人

金利が上昇して返済額が増えても支払いが継続できる方。

・住宅ローンの返済期間が短い人

金利が上昇しても元金が早く減少しているため、返済金が多くなりません。

何れも余裕をもって住宅ローンを選ぶ事が肝心です。

決して、住宅ローンを「ギャンブル」にしないようにして下さい。

 

—————————————————-
不動産売却相談百科
相談担当 奥村
—————————————————-

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。