不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 住宅ローン

買換え購入時、固定金利と変動金利の選ぶポイント

お問合わせ内容【No.334】

買換えを考えています。住宅購入の際に、買換え物件の住宅ローンを固定金利と変動金利の選択で

選ぶポイント教えてください。

回答【No.334】

不動産売却相談室にご相談頂き有難うございます。

相談室担当 奥村が回答いたします。

非常に答え難い質問です。

住宅ローンは借入から完済まで長期間になります。

場合によってはお客様の一生の大半が返済に関わっているケースも考えられます。

将来金利が高くなれば固定金利を選ばれるのが有利になります。

逆の場合は変動金利です。

金利の予測は誰も予測できません。

金利選択はギャンブルに等しい選択です。

このようにお客様にとって一生に関わる長い期間の選択です。

選択を誤れば一生後悔することになります。

大切なのはお客様の生活です。

長い返済期間に安定した日常生活が出来るよう毎月定額の返済金額を返済する

固定金利を選択するのが基本だと思います。

変動金利を選択される場合は

返済期間が短い(10年以内)借入する場合。

収入の割に住宅ローンが少ない人。

金利が上昇して返済額が増えても支払いが継続できる方。

繰上げ返済のための預貯金がある人。

変動金利の選択も固定金利の選択も基本は金利の変動が

日常生活に影響されない選択をされることだと考えています。

ご自身の生活を見直しご自身に合った返済方法を選択し、

将来の安定した生活を確保してください。

幸せな生活を送れるようお祈り申し上げます。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。