不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 住宅ローン

法令違反物件の住宅ローン取り扱い

お問合わせ内容【No.333】

売却の住宅は、増築して建蔽率オーバーで、法令違反の建物ですが、

住宅ローンは利用できますか?

回答【No.333】

不動産売却相談室にご相談頂き有難うございます。

相談室担当 奥村が回答いたします。

原則住宅ローンは利用できません。

金融機関は住宅ローンの申し込みを受けた時

信用保証会社に保証委託をします。

保証会社は保証審査にあたり

人的審査と物的審査を行います。

人的審査は申込者の収入、他の借入の有無、過去の金融事故の有無等

調査して返済能力の審査をします。

物的審査とは当該不動産物件の担保価値の調査をします。

今回の法令違反物件は、将来住宅ローン借入者が返済不能に陥った場合、

競売等で当該物件を売却します、法令違反物件は

市場価格で売却出来ませんので、担保不足で融資されない事が多いようです。

法令違反物件に融資をすることは、法律違反ではありません。

融資するかしないかは各金融機関及び信用保証会社の融資基準により違いがあります。

金融機関によっては法令違反物件であっても、借入者の年収が高い場合は

融資されるケースもあります。

多数の金融機関に相談されてはいかがでしょうか。

今回法令違反の理由が増築による建蔽率違反であれば、

違反の増築部分を取り壊し建築違反を是正されれば融資は可能となります。

ご検討ください。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。