不動産売却みんなのQ&A

2020.10.22 他人物売却

他人物売買の責任と不動産取引の注意点

お問合わせ内容【No.383】

他人物売買があると聞きましたが、①他人物売買とはどのようなことですか?

その結果私たちの不動産売買について②どのような点を注意すべきですか?

詳しく教えてください。

回答【No.383】

不動産売却相談室にご相談頂き有難うございます。

相談室担当 奥村が回答いたします。

他人物売買とは、売却時現在売主の所有になっていない物件を売却する行為です。

本来不動産売却時点では、所有権は売主の名義になっていなくてはなりません。

しかし、民法では他人物売買を有効として認めています。(民法560条)

これにより様々な問題点が発生しています。

反面、宅建業法では、一般消費者を保護する観点から他人物売買は原則禁止されています。

他人物売買が許されるのは、宅地建物取引業者が不動産取引に受領する金銭を保全する処置を講ずれば

契約は認められています。

具体的保全方法は、手付金等の金額が取引金額の1/10で、且つ1,000万円以内の場合、又は

金融機関、保険会社が手付金等返金保証する契約を締結している場合、又は、国土交通省が指定する

「指定保管機関」が手付金等保管する場合等保全する場合に限られます。

契約時に売主の所有になっていなくても不動産引渡時点で売主の名義になっていれば

最終的に問題とはなりません。
それ以外で売主として私たちが気をつければならない点は、次の点です。

売主として売買契約して、その結果他人物を買主に移転を移転することが出来なかった場合、売主は、買主に損害賠償する事で契約の解除ができます。悪意の買主の場合は、売主は、買主に損害賠償する事なく、契約解除ができます。
悪意の買主とは、売主が名義変更できないと知りながら売買契約した買主のこと。

不動産取引は、リスクが伴います。取引には、専門の不動産会社と相談して慎重に勧めてください。
—————————————————-

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

この質問に関するご相談

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。