不動産売却みんなのQ&A

離婚について

離婚の際に所有する不動産を売却する場合、ケースによって対処方法が異なります。
所有権が共有の場合と一方の所有の場合
共有の場合は一方の所有者が処分に反対しているケース。
住宅ローン残債がある場合、残債が売却金額を上回る場合と下回る場合。
離婚後話合いで離婚条件が決定して、夫婦で連帯保証人なっていて住宅ローンが滞り一方に迷惑がかかるケース。
離婚の際は、上記のケースを念頭に夫婦で事前にケース毎に解決方法を決めておきましょう。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。