不動産売却みんなのQ&A

2020.10.22 不動産売買契約

土地に対する瑕疵担保責任について

お問合わせ内容【No.406】
今回土地を売却しました
購入後、建物を建築中、地中から廃材が出てきました
この場合、売主の責任で処理しなければなりませんか?

回答【No.406】

不動産売却相談室にご相談頂き有難うございます。

相談室担当 奥村が回答いたします。
今回のケースのポイントは、売主が廃材の埋設を不動産売買契約前に知っていたかどうかです。
廃材の存在を知りながら、土地売買契約時に買主に説明をしなかった場合、瑕疵担保責任(廃材の存在は買主の不動産購入の重要な判断材料)問われ、売主は廃材処分の費用を負担しなければなりません。
但し、買主が事前に廃材の存在を知ってた場合は、免責になります。売主は買主が事前に廃材の存在を知っていた事を証明しなければなりません。以上

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

この質問に関するご相談

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。