不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 投資について

投資物件の不動産売却

お問合わせ内容【No.358】

5年前全額借入(利率1.5%返済期限10年)

して3億円(利回り13%)で購入した投資用マンション今回2億円で売却

した方が良いか、このまま投資した方が」良いか悩んでいます。

購入経費1,500万円、売却経費750万円です。良いアドバイスを下さい。

回答【No.358】

不動産売却相談室にご相談頂き有難うございます。

相談室担当 奥村が回答いたします。

今回の売却物件の投資効果を分析してみます。

借入残高1億5556万円

5年間の税引きキャッシュフロー1,000万円×=5,000万円

売却後手持資金残高2億円-1億5556万円=4,444万円

5年間手持ち資金残高税引きキャッシュフロー5,000万円+4,444万円-売買諸経費2,250万円=7,194万円

フルローンの物件が5年間で7,194万円の自己資金を増やし、非常に効率良い投資物件だった事になります。

投資する事は、元の資金を投下して自己資金を増やすことです。

投資物件は再投資に妙味があります。

前回と同じ又はそれ以上の投資物件があれば、今回は売却して自己資金を追加して投資金額を増大した方が

良いと考えられます。

今投資している以上の良い条件の投資物件がなければ現在投資している物件を継続投資すべきと思われます。

但し、大規模修繕の可能性、賃料の推移、空室状況の変化、売却価格の推移を考慮して

継続するか検討された方が賢明です。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

この質問に関するご相談

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。