不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 離婚について

離婚と不動産売却

お問合わせ内容【No.338】

5年前妻と共有名義でマンションを購入後、

話合いの上、離婚しました。

マンションには妻が住み、住宅ローンも

残っています。

このようなマンションは売却は可能でしょうか?

回答【No.338】

不動産売却相談室にご相談頂き有難うございます。

相談室担当 奥村が回答いたします。

条件によっては売却は可能です。

ただし、奥様の売却承諾を得られる事が絶対条件になります。

まず売却が可能のケース。

売却金額より住宅ローン残債が少ない場合。

通常の売却方法で売却して残金を夫婦間で分割する事が可能です。

反対に住宅ローンが売却金額を上回る場合

売却は出来ず、任意売買を選択するか住宅ローンを完済するまで

夫婦共同で支払らわなければなりません。

例え、任意売買した場合でも債務は残りますので夫婦で債務の

返済をしなければ成りません。

財産分与を受けていても連帯保証人で有る限り住宅ローンの支払い

義務は逃れられません。

(財産分与とは婚姻中に夫婦が協力して築いた財産を分割する事。

今回のケースではマンションの名義は夫婦共有になります。

財産分与の対象:建物、土地、自動車、家電、家財道具、保険、株券

婚姻前に持っていた財産は対象外になります。)

今回の場合、任意売買になった場合、返済金額が金融機関と話合いになり

返済が生活に影響されない金額できめられる傾向ですので、現実的な解決

方法と思われます。

返済に際しては、夫婦間で話合い、返済が滞る事のないようにして下さい。

 

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。