不動産売却みんなのQ&A

2020.10.28 資産処分

中古マンションの所有権移転等の手続き(海外赴任中)

お問合わせ内容【No.174】

海外赴任中の中古マンションを所有しておりますが、
所有権移転等の手続きは、どのようにしたら良いのでしょうか?

住所を赴任先の海外に移転しており、
住民票・印鑑証明書は日本国内では発行できません。

回答【No.174】

ご質問者様、ご相談ありがとうございます。

海外には印鑑制度がありませんので、確かに印鑑証明書は取得できないですよね。
そこで、印鑑証明書に代わる「サイン証明書」もしくは「署名証明書」を
居住している国の公館(大使館・領事館)に行き、発行していただく必要があります。
他にフィンガープリントと呼ばれる「拇印証明書」も併せて必要となるケースもあります。
また、住民票の代わりとしまして、在留している証明で「在留証明書」も
同じように発行してもらう必要があります。

さらに詳しい内容につきましては、まずは所有されている
不動産のお近くの不動産屋にご相談くださいませ。

今回のようなケースは、今後グローバル化している世界経済の中で、
起こりうる問題だと感じました。
また、不動産に関するどのような問題にでもきちんと
対応していける知識を身につけていかなければと、改めて思いました。

本日は、ご相談ありがとうございました。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。