不動産売却みんなのQ&A

2020.10.27 資産処分

田(休耕)・畑(休耕)・雑種地・山林(雑木)の土地の処分の可否

お問合わせ内容【No.132】

田(休耕)・畑(休耕)・雑種地・山林(雑木)の土地を処分
したいのですが、難しいですか。
(8割程度は雑種地・山林なのです)
ただ、この土地にはいくつか長所があり、
また、道路向いにログハウスが2棟あり、
その内の1件に畑を無償で貸していているのですが、
交渉次第ではこれもいくらかの収入になると思います。
それと土地の評価額が低い為、税金は係りません。

以上の小さな利点があるのですが、この様な物件の売買は難しいでしょうか?


以上

回答【No.132】

坂本と申します。
不動産売却相談室へアクセス頂きありがとうございます。

不動産売買についてのご質問に関して回答致します。

売却実現可能性について現状を確認していませんので、
明確な回答は出来ませんが、売却が可能かどうかは
下記3点の状況によって大きく変わるかと思います。

1.本件土地が自動車による進入可能な道路に接道しているかどうか
2.地目変更登記が可能かどうか
3.実需に照らし合わせて、購入検討者を見つけられるかどうか

1.本件土地が自動車による進入可能な道路に接道しているかどうか

最近、同様の相談を受ける事例が多々あります。
原野商法跡地等の場合、道路に接道していない事例が殆どで、
その場合は隣地所有者を調べる事が難しい事もあり、実現可能性が低い事が多いです。

2.地目変更登記が可能かどうか

現況田・畑・雑種地・山林となっているとの事ですが、田・畑の場合、購入できるのが
農業者の方に限定されます。田・畑と雑種地・山林を分離して、雑種地・山林のみ売却
される場合は、農業者の方に限定しなくても売却可能ですが、その場合はご質問者様の
ご意向からすると不本意な結果に終わってしまうと思います。

但し、仮に田・畑であっても現況が既に田や畑とは言えない状況であれば地目変更登記を
認められる場合もあるので、その際は購入検討者の方の間口を広げられるので、現況を
拝見しないと現時点での判断は難しいと思います。

3.実需に照らし合わせて、購入検討者を見つけられるかどうか

ご質問者様のお住まいの地域では、人口、世帯数減少による実需減退で
通常売却が成立しにくい状況にあります。

どちらにしても、土地の地番等を教えて頂き、現況の確認が出来ましたら、ある程度
ご質問者様のご希望も勘案しながらのご提案も出来るかと思います。

お近くの不動産会社へご相談ください。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。