売却時期についてのご相談

お問合わせ内容【No.150】


10年前に購入した住まい、この度、海外転勤になり
当分帰れそうにありませんので、売却を考えています。
売却時期について今すぐ売却か、
しばらく賃貸して売却したほうが得か、迷っています。
教えて下さい。

公開日時 : 2014年03月26日
カテゴリー : 転勤

回答【No.150】


ご質問者様

この度は、「ケンとメリーの不動産売却相談室」にお問合わせいただき、
ありがとうございました。
早速ですが、ご質問に回答させていただきます。

ご質問者様のお住まいが、戸建なのか分譲マンションの一室なのか
特定できませんので、概略でのお話をさせていただきます。

◆今すぐ売却する場合のメリット・デメリット

・メリット
現在の相場価格で売却可能ということです。
建物部分は、通常毎年目減り(減価償却)していきますので、
仮に5年後に帰国して売却するより、建物評価は高い状態で売却可能と
言えるでしょう。
土地部分に関しては、不動産相場が景気その他の影響を受けますので、
今と5年後の比較は現在できません。

・デメリット
海外赴任ということで、通常であれば1~2ヶ月にお引越といったところでしょうか。
そう仮定すると、その期間内で購入者が決められる価格設定で売りきることが大切です。
よって、ご質問者様にとって時間的猶予のない中で、急いで行動をしていただく
必要があります。

◆賃貸後5年後に売却する場合のメリット・デメリット

・メリット
5年間家賃収入が得られるということです。
不動産所得ということになり、確定申告が必要になります。
修繕費、固定資産税、住宅ローンの金利負担分、減価償却費などは、
経費として計上できます。

・デメリット
賃貸期間中、賃借人とのやり取は不動産会社に任せれば、
特別面倒なことを直接やる必要はありません。
ただし賃料は、期限付き賃貸借となり、通常家賃の7割~8割程度
となるでしょう。
また、空室期間があれば家賃収入はありませんので、
最低限のリフォーム代や経費と共にその費用をみておく必要があります
(住宅ローンが残っている場合は、空室期間のローン支払いは持ち出しです)。
気になる5年後の売却価格に関しては、その時の相場によりますが、
建物評価は5年分の償却をマイナスした評価額となります。

以上、当たり前ですが、どちらにもメリット・デメリットがあります。
ご質問者様の状況やご所有の不動産の内容をもとに、
信頼できる不動産会社にお早めにご相談されることをお薦めいたします。

有限会社ホームドクターイエステーション新高円寺店

売却時期についてのご相談関連する最新相談

2017.09.05 売却目的理由相談

転勤辞令が出る前に準備するべき事

回答はこちら
2017.04.12 売却目的理由相談

転勤に伴い、自宅売却と賃貸どちらがよいか。

回答はこちら
2016.12.14 売却目的理由相談

転勤に伴う住み替えの仕方

回答はこちら
2016.12.14 売却目的理由相談

転勤に伴う住み替えの仕方

回答はこちら

みんなの相談内容を見てみる

不動産売却に関するご相談受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須
注意事項
※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。
※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。
※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。

不動産売却の査定依頼はこちら

WEBからの査定依頼

お電話からの査定依頼

03-6681-2718

不動産査定依頼

WEBからの査定依頼

お電話からの査定依頼

03-6681-2718

おすすめのご相談内容

今月の相談 ー PICK UP ー

不動産売却相談 カテゴリー

不動産売却相談百科
Copyright c 2020 不動産売却相談百科 . All rights reserved.