不動産売却みんなのQ&A

2020.10.15 マンション諸問題

マンション購入後老朽化し建替えした場合の権利に関して

お問合わせ内容【回答89】
この度、マンションをご購入予定のお客様(60代の方です。)からのお問合せです。
お客様はお一人で入居する予定で、お子様は全員本土に嫁いでおり、
お子様に承継する予定はないとの事です。
ご購入予定のマンションは築24年の建物ですが、20年~25年は住みたいと
おっしゃっています。
今後、建物が老朽化し、そこで、マンションの建替え決議が行われ、可決された場合、
新築後も引き続き住む予定はないのであれば、権利を放棄する事ができますか。
また、このような場合、権利を放棄するにはどのようにすればいいかを教えて下さい。

以上

【回答89】
この度は不動産売却相談室にお問い合わせいただきましてありがとうございます。
マンションのご購入に関してのご相談ですね。
マンションの建て替えは、マンションの区分所有者の5分の4の賛成で決議されます。
可決された場合、引き続きすむ予定がないので、権利を放棄することができるかということですが、
この場合、反対の方は、時価で自己のマンションの買い取り請求をすることができます。
ですから、自己の持ち分を放棄されるということであれば、土地については共有なので、持ち分放棄は可能で、
区分の建物につきましては、放棄ではなく贈与になるようです。
その方法は、マンションの管理組合や、区分所有者とのお話合いになると思います。
必要な書類は、権利の移転に必要な

・印鑑証明
・ご実印
・登記済証(権利証)
・本人確認書類(免許証、住基カードなど)
・固定資産税評価額等証明書

等が一般的です。
ただ、”時価”といっても値段を決めることは難しそうですね。
ご購入される際には、マンションの管理状況や、
長期修繕計画、修繕に伴う一時金の徴収などを確認されることをお勧めします。

不動産売却に関する
ご質問受付中!

不動産売却を考えている方を応援!
お気軽にご相談ください。

この質問に関するご相談

イエステーションの
不動産売却相談について

私たちは、不動産を売却される方にとっての身近な相談相手です。住宅に関するプロフェッショナルとしてスタッフ一同、お客様にとっての最善のご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

不動産のご相談や
査定依頼はこちら

お電話での査定依頼はこちら

03-6681-2718

営業時間/10:00~17:00
毎週土・日・祝 定休(地域店舗は平日に定休があります)

ご相談の地域に店舗がない場合、ご相談を承ることができないこともございます。ご了承ください。